#

 第2回開催

 2013/5/25(土)

 14:00~17:00

 明治大学 駿河台キャンパス

#
図書紹介
地球温暖化 埋まってきたジグソーパズル|サイエンスカフェ|明治大学 情報コミュニケーション学部

『地球温暖化 埋まってきたジグソーパズル』

伊藤公紀 著 日本評論社

地球温暖化論のウソとワナ

『地球温暖化論のウソとワナ』

伊藤公紀 共著 KKベストセラーズ

これだけ知っていれば安心! 原発と放射能の疑問50

『これだけ知っていれば安心! 原発と放射能の疑問50』

伊藤公紀 著 日本評論社

第2回明治大学科学コミュニケーション研究所サイエンスカフェ

「それでも『地球温暖化』を信じますか? ―情報リテラシーと環境政策の立場から」
(話題提供:伊藤公紀)

 

玉石(ぎょくせき)混交(こんこう)の情報が入り乱れる中で、「情報リテラシー」の立場から地球温暖化問題を冷静に見ると、これまでと違う全体像が見えてきます。例えば、IPCC (気候変動に関する政府間パネル)の、「20世紀後半の気温上昇は人為的なので、CO2を削減すると気候変動が防げる」という見方が、「トンネルのように狭い」西洋的メンタリティの産物だということが分かります。社会・生態系の脆弱性・回復性に着目する東洋的メンタリティの方が、現実の対策には向いているのです。地球温暖化問題に限らず、科学には健康な批判精神や懐疑的精神が必要です。公開されたデータや理論の質を吟味しないと、酷い目に会います。昔、ある先輩から、「使いたい式があっても、その式が正しいかどうか確認してからでないと、怖くて使えない。」と聞いたことがあります。地球温暖化問題にまつわる種々の「スキャンダル」を見ていると、それが良く分かります。我々の生活に直接影響する政策の基になるデータや考え方なら尚のことです。
この講演では、地球温暖化問題にまつわる様々な話題や材料を提供します。これらは身を守るために必要な情報だと考えています。しかしまた別の見方として、地球温暖化問題に関して、どんな批判精神・懐疑的精神が見られるか、あるいはその不在が見られるか、という観点も面白いと思います。

議論や話題は多方面に亘りますので、できれば、私のブログ(http://yaplog.jp/itoh_kiminori/)の「地球温暖化・気候変動」や「A.ゴア『不都合な真実』の間違い」などを見ておいていただけると、全体が見やすくなると思います。それでは、皆さんと色々議論できることを楽しみにしています。

第2回 開催報告

日のレジュメをPDFにいたしました。ご自由にDLしてください。(8.28 MB )
下記に同内容のスライドを掲載しています。(全4章のPPTより転用)

1.人為的な地球温暖化の根拠とされるグラフには、関係者の政治的な動機が埋め込まれていた。

  • 今日の話題
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件
  • 1.地球温暖化にまつわる最近の事件

2.気温を広範囲に測定することはそもそも難しく、最近のデータにも測定上の問題点が見られる。

  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化
  • 2.「本当の」気温変化

3.気候変動の主要因は火山噴火・海水の対流・太陽活動であり、人為的影響は今のところ大きくない。

  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断
  • 3.気候変動と要因の診断

4.温室効果ガスが原因で地球温暖化が起きているという、単純な思考から脱却しなければならない。

  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー
  • 4.対策とエネルギー

一般参加者:9名 オブザーバー:4名

 

講師紹介

伊藤 公紀
横浜国立大学・大学院環境情報研究院・教授
1950年生まれ

 

1980年東京大学大学院工学研究科工業化学専攻博士課程修了。

東京大学工学部助手、講師、横浜国立大学環境科学研究センター助教授、教授、
同環境情報研究院教授、同工学研究院教授を経て、2011年から現職。

専門は物理化学、環境計測科学。

著書・共著に『光触媒』『地球温暖化 埋まってきたジグソーパズル』『地球温暖化論のウソとワナ』『これだけ知っていれば安心! 原発と放射能の疑問50』など

伊藤 公紀

 
 

明治大学科学コミュニケーション研究所は、科学的言説に関する表現およびその理解の研究を、とくに擬似科学言説を含むメディア広告の現状と課題解決、心の科学の基礎論研究を研究しております。>> サイエンスカフェ|科学コミュニケーション研究所|明治大学

 
 


TOP